ハナマル日記〜娘達の学習、生活記録〜

楪(ユズリハ)です。2013年早生まれの長女マルと2016年生まれ次女ハナの娘2人を育てていく中で、親の役割を考えた時に遊びや学習、生活の環境を整えることが重要だと思い、日々実行すべく奮闘中です。

タブレット学習 3つを体験

タブレット学習を体験してみた

すらら、デキタス、スマイルゼミ、RISU、スタディサプリ、Z会、ワオスタディを候補として、体験するものを絞りました。

 

私の希望としては、

  1. iPadでできるといい(できれば新しくタブレットを買わなくて良いといい)
  2. 学習を自分のペースで進めることができるように無学年制。
  3. 文字を書く問題もあったらいい。
  4. 教科数が多いといい。
  5. 1年生からタブレット学習ができる(タブレット学習対象が中高学年からの教材もある)
  6. 学習状態が本人、親にわかりやすいといい。
  7. 出来るだけ勉強以外のおまけ要素(ゲームなど)がない。
  8. 1ヶ月5000円以内だと嬉しい。

 

RISUは算数(数学)だけなので、もし算数が苦手、もっと算数を伸ばしたいと思うことがあったら再検討することに。

スタディサプリは高学年から。

Z会も紙の教材はとても良かったけれど、タブレット学習は3年から。

ワオスタディはネットを通じた家庭教師制のような体制なので、気分屋のマルには難しいかと。

 

以上のものは今回は見送り、条件をある程度満たした、すらら、デキタス、スマイルゼミを体験しました。

 

すらら

すららは、国数英を学べて、iPad又はパソコンで学習できます。

単元ごとに授業と問題を一つ一つ確認しながら交互に進む感じです。

途中文字を書く、または打ち込む問題も出てきたので、書く機会も多少はありそう。

計算問題も自分で計算して答えを書く、または打ち込むので、理解してないのにまぐれ当たりすることはなさそうです。

時間は、1つの学習内容につき15分程度。

単元の最後のテストは、サイトからダウンロードして印刷して、自分で解く方式のようです。

それの答え合わせ画面が単元の最後に出ます。

体験では、各学年の各教科が1単元ずつできました。

そして、なんといっても小中全て学習できる無学年制。

 

説明を聞いてすぐ問題を解くので、理解しているかしていないかがすぐわかるところが良かったです。

難点は、解答の際の注意点をその都度言うので、その時間が長く感じるところ。

でも、それを差し引いてもわかりやすく、子供にもやりやすいと思いました。

もう一つの難点は、入会金10000円、月々8000円と他の教材に比べて高めなこと。

3教科でこの値段なので、通信教育としては少し悩むところ。

 

マルは3年生まで全教科体験していました。

楽しく理解したみたいで、学習し終わった後私に学習した内容について説明したり質問したりしてくれて身についているのがわかりました。

ただ、1問ずつやるので、間違えた時にマルの機嫌が急降下するのも難点。

気分屋は難しいです。

 

デキタス

デキタスは、2年生までは国数英と生活、3年生からは国数英理社の5教科。

やっている単元に関連した他学年の単元があると、さかのぼり学習とふりかえり学習ができますが、基本的には学年別です。

数分〜10分弱程度のキャラクターが会話形式で教えてくれる授業の動画を見て、あとで選択問題式の問題を解く方式です。

各単元の問題を満点にしないと、特別問題のロックが開かない仕組みになっています。

 

おまけの機能として、自分のアバターを作ったり、ポイントを貯めてプレゼントに応募したりできるようになっています。

全く遊び要素がないのも飽きるかもしれないので、この程度のお楽しみはいいかもしれません。

 

5日間のお試し期間があり、どの機能も試すことができます。

お試し期間でもポイントは溜まっていました。

ただ、トップ画面にいろいろ記載されているせいでごちゃごちゃ見えて、どこから勉強するのかがわかりにくい。

勉強しよう!と開いても、アバターに目がいってそっちやりたくなっちゃいそう。

あとは、授業を見る、問題をやる、の選択画面がわかりにくく、どこから問題やればいいかがわからなくてマルは授業動画ばっかり見てました。

ただ、サイエンス系のテレビ番組が好きなマルには1.2年生の生活、3年生以上の理科の授業はとても楽しかった様子。

 

スマイルゼミ

週末に開催されている体験会に行きました。実際行ったのは夫とマルだったので、詳しいことは私はわからないのですが、夫の意見を参考に載せたいと思います。

 

昔に比べてかなり良くなったと聞いていましたが、選んでないものにチェックついたり、手の触れ具合でうまく書けなかったりと、マルが多少イライラする場面も見受けられたようでした。

これは扱い方の慣れもあると思うので、始めてみないとわからない部分かなと思います。

 

  • 1ヶ月ごとに問題が配信。先に進むことはできない

最初のうちは特に簡単すぎてすぐ終わってしまっても、先に進めないのでスマイルゼミだけでは勉強しない日が出てしまうので、それはどうかな、と。

 

  • プログラミング

プログラミングが1年生から学べるのもスマイルゼミの売りの一つだと思いますが、1年生のプログラミングは、並べ替え問題程度で、基礎とは言ってもあれでプログラミング?という印象だったそう。

あれくらいなら、マルはもうしちだのプリントでやってるよね、と言ってました。

マルも3年生くらいでやっとやりごたえが出てきたようでしたが、残念ながらスマイルゼミでは先取りはできないので、3年生になるまで待つしかありません。

 

夫は、どんどん先に進めないという時点でスマイルゼミはないな、と判断したみたい。

 

選んだのは、すらら

以上の点から、うちではすらら、をやってみようか、ということになりました。

1番のネックは金額なのですが、公文に通おうと思っていたのでそれを考えたら安いし、隣で見ていてもすららは本当にわかりやすいな、と思ったので、すららで頑張ってもらおうかと思います。

ただ、まだしちだのプリントが残っているので始めるのは1年生になってからかな。

 

使い始めたらまたレポートしようと思います。

家庭学習の難しさ

1年ほど前に買ったしちだプリント。

途中全くやらない時期を経て、今はやるようになってマルはほぼ毎日取り組んでいます。

 

キャラクターや面白いストーリーなんかが出てこないものだけど、オールカラーだし飽きずにしっかりやっているところはなかなかだな、と思っています。

 

しかし、問題なのはわからない時や丸つけした時に間違っていた時。

 

それを指摘するとすぐ言い訳をしたりすねるので、私がそれにイライラして喧嘩になることが多いのです。

 

それが私にとってもマルにとっても良くないと思うので、塾やくもんのような外で教えてもらうのがいいんじゃないかとは思い、小学生になったらくもんを、と考えていました。

でも、通うとなると送り迎えやハナをどうするか、他の習い事との兼ね合いが難しい。

時間の関係やその他諸々を考えても、やっぱり家での学習の方がいいとは思っているのです。

 

ただ、こんなことで毎日喧嘩するのは私も嫌なのでいい考えはないか?

家で勉強するにしても私が答え合わせや丸付けをしなくていい方法はないか?

と考えた結果、タブレット学習やe-learningやるのが1番良いのではないかと思ったのです。

 

マルは自分は何でもできる、間違う事は無い、なので口出しはしないで、でも褒められたい、というめんどくさいタイプなので、間違いを指摘するとそれだけで本当にすねます。

ヨイショするのが苦手な私にはこういうタイプをどう扱えばいいのかわからないのです。

 

ただ、調子がつけばどんどん問題も解いていけるので、タブレット学習合ってる気がするんだよなー。

 

調べたところで気になっているのは、スマイルゼミとすらら ネットというもの。

 

スマイルゼミは100%タブレット学習で、紙は一切なし。

専用のタブレットとペンを使うタイプです。

5教科にプログラミングも小学生1年生から。

 

すららネットは、タブレットでもパソコンでも学習OK。

無学年方式なので、いつでもどの学年でも勉強できます。

これを使用した塾もあるんだそう。

教科は国数英。

 

まだ資料請求段階なので、比べたり体験したらまた記事を書こうと思います。

下の子が英語使えば上の子も使う

お久しぶりです。ユズリハです。

 

ブログ更新していないうちに、ハナは2歳になりました。

当然、前に比べておしゃべりが上手になってきましたが、滑舌が悪くて早口なため、聞き取れないことが大半で雰囲気で聞き取っています。

そして、もう一度言いますが滑舌が悪くて早口なため、日本語なのか英語なのかわからないことも多いです。

 

というのも、私が思っていた以上にハナは英語で話しているみたいなのです。

お風呂に貼っている英語ポスターの絵を見て、玉ねぎ指してonionと繰り返していることに最近気づいたし、なぜかVolleyballもバレーボールではなくバリボー寄りの発音。

英語ポスターの絵を全て英語で私が言ったのなんて、もう4ヶ月以上前のことだし、3回くらいだったんだけど。

マルに比べて、1度聞いたものの覚えがハナの方がいいみたいです。

そして何気なく私が日常で使ってみていた英会話も少し身になっているようで、Here you are といえば拙いながらThank youと言ってくれるのでかわいいです。

ちなみにどうぞ、といえば、ありがとうと言います。

どちらも、不明瞭な発音ですが。

 

そして幸いなことに、ハナは音感があるみたいなので歌は音が取れていて、歌ってくれると何の曲かがわかるので一緒に歌うこともできます(ちなみにマルは音痴)。

ただ、歌詞が違う、というかうまく発音できなくでゴニョゴニョすることも多数。

これは英語でも日本語でも一緒。

ただ、ABC singはほぼ全てのアルファベットが言えているので、聞き取りやすい&発音しやすい音や単語があるんだと思います。

 

ハナが今流行っているのは、youtubeABCkidTV - Nursery Rhymes - YouTube

ABC kids TVというチャンネルの、https://m.youtube.com/watch?v=1BEBfraNoUc

No No Songシリーズです。

あとは定番Johny johny, Yes papa

などのコールアンドレスポンス系とか。 

 

急にjohny johny言ってくるので、yes hana.と返すと、不明瞭ながらEating sugar?と続いてくるので、続けて返す…というのを1日に数回やっています。

No No Songの方は、Please, please —is good for you.の部分を歌って何か差し出してくるので、No no no I don’t like it ew.と返しています。

そうするととても満足そうです。

 

このABC kids TVは生活に即した英語の歌が多いのでおススメ。

あと、昔ながらの歌も多いので、色々楽しめます。

 

私も自然に英語で話しかけるのにも慣れているので、ハナに何気なく英語で話しかけているのですが、マルが家にいるときは、マルは対抗心が出るのか自分の知っている英語を使ってあれやこれやと頑張って私に英語で話しかけてきます。

文法や単語の間違いだらけではあるけど、少しずつ直しながら会話をすると、マルも満足そう。

実際のところ、マルはもう大きくなってから英語に取り組んでいるから、英語力つけようと思ってもそこそこかなーと思っていて、無理に英語を聞かせたり見せたりはしないようにしているんですが、時々やる気を見せるので、そういう時を逃さないように、英会話したり英語のyoutube、Sing alongを見たり、ディズニーチャンネルのアニメを英語でみたりしています。

 

あとは、マルは前は1冊黙って聞いていられなかったDWE絵本が、全部英語聴きながら見ていられるようになったのは良かったところかな。

次女ハナの初の英語発話!

ハナ、1歳7ヶ月。

自分の服に描いてあるリンゴを指差して、

Apple,apple 」と言って私ににじり寄ってきました。

おお、リンゴって言えないのに!!

 

ハナの今言える日本語といえば、パパ、ママ、抱っこ、大好き、かわいい、バイバイ、ない、よいしょ、ミニー、アンパンマンなどなど。

なんとなく言ってるのは、おねえちゃん、コキンちゃん、おやすみ、おはよう、おいしい、はいどうぞ、などなど。

そして、言える英語は、Let’s go. Clap,Up,Jump そしてApple .

当たり前だけど、日本語の発語はだいぶでてきてるけど、英語もいくつかでてるのが、なかなか興味深いです。

歌で出るならわかるけど、単語、わかるもんなのか。

子供の成長にただただ驚くばかりです。

 

最近あまり多くはDWEは見たり聞いたりできていないけど、iPadyoutubeを見てると、自分で英語の歌を選んで見てるので、英語の歌が馴染みのあるものになっているのかも。

初!フラッシュカードやってみた

最近マルに対してはめっきり英語をサボり気味で(まだ数ヶ月なのに…)、掛け流しかYouTubeの英語見るしかしてなかったので、思い立って昨日、ファンウィズワーズについているカードでフラッシュカード?してみました。

ただ、見せて英語で単語いってもらう、とういだけです。

リズムを早く、とか特に気にせずただ見せて言ってもらう。

うちはトークアロングはないので、マルにインプットされてる単語は、シングアロング、YouTube、その他私や母、幼稚園で教えた単語のみです。

 

ちなみにカードは眺めたことある程度で、ほぼ初見。

 

次々見せていくと…

3分の2くらいは答えました。

そのうち間違っていたのは5〜6個くらい。

正直、そんなに知ってると思ってなかったのでびっくり。

 

単語はたくさん覚えてて絶対損はないので、今まで1回もやってなかった、ファンウィズワーズの絵本を開きながらCDをかける(うちの場合はiPhoneからかける)をやってみました。

 

最初なので2ページくらいやればいいかなーくらいの感じで始めてみました。

そしたら、興味深かったみたいで寝る前の時間なのに40ページくらいはじっと見て聞いてた。

眠くてそこで断念したけど、すごいなー。

これもサボらずやれば単語たくさん覚えられるかも。

サボらず…できるかな。

 

でも、細々でもやれば身になっているようなので、良かったと思います。

飽きてきたら次々に対策

やはり4歳児の年中にはSing Along!のDVDは飽きてくるようです…。

やっぱり動きが少ないからかな。

ここ1週間、1度もSing Along!のDVDはマルは見ていません。

 

マルは最近ハロウィンの歌のためにYouTubeを見ていたので、やっぱりそっちの方が良くて、そっちばかり見たがります。

ただ、好きな歌は沢山あって、日常生活で私が歌えば一緒に歌ったり、自ら進んで歌い出したりするので、なるべく掛け流しはしています。

(ちなみにDVDでお気に入りは、Hippopotamus やWhere is your right hand?など、踊れるもの)
あとは、気が向いた時にDWE絵本を読んであげたり。

寝る時にStory BookのCD掛け流したり。

正直、Sing Along!のDVDはもう売っちゃって、ステップバイステップかストレートプレイのDVD欲しい。(でも、ハナがまだ見てるからまだ売れないかなー)

 

でも、映像を見たか見ないか、というのはただかけ流すのとは雲泥の差だと思います。

映像で見てるから、何について歌っているかがわかる。

なので、掛け流しで曲が耳に入るだけで、歌いながらその行動したり、「これって〜だよね?」などと聞いてきたりします。

例えば、Five little candles burning がかかれば、オモチャのロウソクをオモチャのケーキに立てて消すマネをします。

The knife throwerがかかれば、「これはナイフをたくさん投げるんだよ」と教えてくれます。

片手間に見てるようで、ちゃんと見てるんだなぁと子供の記憶力には感心します。

 

DVDの映像が頭に残ってるから、あとは掛け流しで耳から入るし、時々私と英語で喋ってるから、まぁこんなもんでいっか、と私は思ってしまってます。

たぶん無理強いしたら嫌になっちゃうし。

日常生活で明らかに英語の発話増えてるし、少しは身になっていると思うので、これを気長に続けて、いつかインプットがたくさんになったなーと思った時にレッスンをがっつりやってみようと思います。

 

その代わりと言ってはなんですが、YouTubeで英語の歌は毎日見ていて、しかも主にSuper simple songのチャンネルの歌なので、生活に関わりある歌が多くて、これも勉強になっているので、英語のインプット自体はしている気がするし。

あと、DWEと表現、単語が被っている歌も多いので、「あ、これミッキーでもやったよねー」というと、見て聴いてすぐ歌えるようになったりしてるので、別角度からのアプローチで身につく気もします。

何より、娘達も私も楽しいのでよし!

 

こうやって、飽きたら他のにして、また時期をみてDWEの映像も見て…とやっていこうと思います。

butterfly=バタフライ?

うちの母が英語を教えているということを以前書いたことがありましたが、

私の英語に対する認識 - ハナマル日記〜娘達のおうち学習記録〜

マルは赤ちゃんの頃から実家に行くと英語のCD聴かされるか英語のYouTubeを見せられることが多くありました。

 なので、spider, tiger, butterflyや数字などは未だに発音が良いです。

 

ただ、DWEを取り入れるまでは英語の文としては学んでいるものがなかったので、単語だけが英語のものは、特に3歳くらいまでは多かったです。

 

コンビニに行くのに「seven 行きたい!」

動物園で「tigerいるね!」

蜘蛛の巣の蜘蛛を見て「spider落ちそうだね!」

なんてことがよくありました。

 

でも、やはり幼稚舎に入ってからは特に日本語の語彙も増えたので、そういったことはだいぶ減りました。

 

なので、当然今は蝶々=butterflyと知っているので、butterflyいるね、とは言わず蝶々いるね、と言うようになっています。

 

ただ、最近読み書きブームのため、DWEを始めてから英語の文章も書きたがります。

でもまだアルファベットもかけず、当然英単語も書けないので、ひらがなで書いてみることにしたようです。

蝶々の出てくる歌を書こうとしているところをチラッと覗くと…

“ばるふらい”

と紙に書いていたのです!

 

それを見てなんだか感動しました。

私達大人は、どんなに英語の発音良くても、ひらがな又はカタカナで書く場合、バタフライ、と表記するのが当然です。

でも、マルが聞いたままのbutterflyは、「タ」が「る」として表されるんだなぁと。

 

たしかに、twenty はトゥエンティなどと表記されることが多いですが、最後の「ティ」は「リー」みたいな発音になることが多いし、littleも「リトル」と表記するけど「リロー」みたいな発音になります。

 

マルがそのような「T」の発音を日本語で言う「ら段」で表すことから、その辺はきちんとした発音が身についていることがわかって、とても嬉しくなりました。

 

まぁ、まだそんなに文章は喋れないですが、今の段階ではきちんと聴き取りきちんと発音してほしい、と言うのが願いなので、ちょっと安心、というか、このまま英語に触れさせていこうと改めて思える出来事でした。

 

こういうのが親のモチベーション維持には大事かもしれないなぁ。

 

余談ですが、そういった早期英語教育(?)の弊害か、もうすぐ5歳の今でもマルは指の名称を日本語で言いません。

YouTubeに上がってるfingers familyという歌があるのですが、うちの母がお気に入りだったみたいで、マルはもちろん、私も飽きるほど見せられました。

 

Daddy finger, daddy finger, where are you?

Here I am, here I am, how do you do.

Mammy finger〜と続き、Baby finger までやります。

 

なので、本当に今でもMammy fingerが痛い、とか使ってきます。

さすがに人差し指…などの表現じゃなくていいから、せめてお母さん指、とか言って欲しいなぁ。

 それから、可能ならthumbとかpinky とかの表現覚えて欲しかったー。

 

 まぁでも、指なんて頻繁に出てくる単語なので、日本語も英語もそのうち覚えるだろう。